3月10日から12日の3日間にわたって慶應義塾大学矢上キャンパスで行われた情報処理学会 第78回全国大会において,当研究室より以下の3件の発表を行いました.

  • 内山健斗,高笠綾華,水谷晃三,荒井正之:PBLにおけるメンバの役割を考慮したグループ自動編成方法の研究,7ZC-05
  • 大塚友章,山崎雄太,内山健斗,水谷晃三,荒井正之:上方に設置したセンサによる指文字認識方法の研究,4ZD-04
  • 山崎雄太,大塚友章,高笠綾華,水谷晃三,荒井正之:複数人の利用者の手の動きに追従するユーザインタフェースの研究,6Y-03

 3件目の山崎君の発表は学生奨励賞を受賞いたしました.おめでとうございます!

情報処理学会 第78回全国大会にて発表しました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。