学校教育の場において,ひとり1台のタブレットやPCなどの情報端末を配備してこれを活用する取り組み(One to One Computing)が世界的に進められています.しかしながら,この施策は,高コストであり,教育効果の面で多くの課題が度々指摘されています.読売新聞の記事でも取り上げられたように端末の汚損リスクも少なくありませんし,配布したタブレットがいじめなどのトラブルを引き起こしている事例も報じられています.

「デバイスレスな教育学習環境の研究」では,これらの課題を解決しながら教育のIT化を促進する方法について研究しています.本研究の概要について記事を追加しました.

 

デバイスレスな教育学習環境の研究について記事を追加しました
Tagged on:             

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。